意外と安い!?園芸店で食虫植物の値段を調べてみた

意外と安い!?園芸店で食虫植物の値段を調べてみた

先日、新宿御苑に行ってきました。

新宿御苑いいですよねー。温室が楽しすぎて何度も行っちゃいます。

熱帯とか南国の植物って見てると楽しいもんねぇ。

新宿御苑の温室には食虫植物がいくつかあったのですが、見ているうちふと食虫植物っていくらなんだろう?という疑問がわいてきました。

園芸店で売っているのは結構見かけるけど、家においても上手く育たないだろうなーって思っちゃって買うには至らず、値段も気にしたことありませんでした。



食虫植物の値段を調べてみた

という訳で、大きな園芸店に行ったついでに、食虫植物の値段をチェックしてみました。

値段は店、食虫植物の大きさ、質によって変わるので「だいたいこんなもんか」という参考程度に読んでみてくださいね!。

ハエトリソウの値段

食虫植物の中でも、特に虫を食べている感が強いハエトリソウ。表面にある小さいトゲに2回触れるとガブっと食らいつきます。今回園芸店で見かけたものにも虫にかじりついている子がいました。中には虫にかじりつく瞬間に自分の他の葉っぱを巻き込んで共食い状態になっているハエトリソウもいました(笑)

今回見てきた園芸店では↓のサイズで値段は550円でした。

ハエトリソウの値段

びっしり並んでいるものでも880円!こちらは↑の物よりも赤みが少なくてかわいらしいですね。後ろに見える小さいウツボカズラがまたかわいい!

ハエトリソウの値段

葉っぱを閉じるときにすごく体力を使うから、遊んで閉じさせたりしちゃいけないんだよね。

モウセンゴケの値段

表面に生えた毛の先にネバネバがついたモウセンゴケ。このネバネバは消化液になっていて、ひっかかった虫を生きたまま溶かして養分を吸収します。

値段は↓のもので550円でした。

モウセンゴケの値段

鉢を持ち上げたら手にネバネバがついちゃった…

サラセニアの値段

サラセニアはウツボカズラ同様筒状の部分が消化液で満たされていています。甘い匂いに誘われた虫が中に落ちると消化して養分を吸収します。

雨が降ると中に入ってしまうので、重さに耐えきれず倒れてしまうそうです

値段は↓の物で880円

サラセニアの値段

写真だと遠近感が効いているので結構大きく見えますが、実物はもうすこし小さいです。鉢の大きさ自体は上で紹介したのハエトリソウと同じぐらいです。

雨が多いところに住んでるのに雨によわいなんて…

ウツボカズラの値段

みんな大好きウツボカズラ。消化液で満たされたタイプの食虫植物はたくさんいますが、私はウツボカズラが一番好きです!形の独特さとインパクトがいい!

値段は↓の小さいもので650円

ウツボカズラの値段

ウツボカズラというと結構大きいイメージがありましたが、小さい時はこんなにかわいいんですねー。普通の茎がどういう過程でこの形になっていくのかじっくり観察してみたいものです。

大きいものも売っていましたが、そちらは4,500円でした。

ウツボカズラの値段

ポケモンのウツボットだね!

食虫植物は意外と安い!?

生態や環境の違いから、それなりの値段するものなのかと思っていましたが、案外安くてちょっと意外でした。

食虫植物は虫を食べないとすぐに枯れてしまうわけではないそうなので、観賞用に庭やベランダに飾るのも楽しそうですね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする