ディズニー嫌いな彼氏をディズニーに連れていく方法

ディズニー嫌いな彼氏をディズニーに連れていく方法

ディズニー嫌いな彼氏をディズニーに連れていくコツ

カップルでディズニー行きたいけど、彼氏がディズニー嫌いで一緒に行ってくれないという方、結構多いんじゃないでしょうか?

私も昔はディズニー嫌いで嫌いで、いくら誘われようと絶対に行きませんでした。ディズニーリゾートに限らず、ディズニーと名のつくものは全て拒絶していたレベルの人間でした。

そんな人間でも、今ではディズニー大好きで、常に行きたくて行きたくてしょうがないレベルのディズニー好きなっています(笑)

今回は元ディズニー嫌いの私が、当時の事を思い出しながら、「こうやって誘われてたらなびいてたかもなー」というポイントを紹介します。

諦めずに彼氏をディズニーの世界に引きずり込みましょう!



ディズニー嫌いの彼氏を誘うポイント

考え方が凝り固まってしまった人をディズニーに誘うのは容易なことではありません。かといって、あまりにしつこく誘い続けると相手もうんざりしてしまって逆効果になりがちです。

それでも、何も考えずに誘うよりは引き込みやすくなるコツみたいな物は存在します!まずはどのタイプにも効果的なポイントをいくつか紹介しておきますね!

大人向けの雰囲気をアピールする

ディズニーが嫌いな人は、ミッキーやミニーをはじめ、かわいらしいキャラクターや楽しげで子供が好きそうな雰囲気を醸し出しているモノが苦手というパターンが多いです。

ディズニーランド、ディズニーシーにろくに行ったことがない人は、ランドもシーも隅から隅までメルヘンな世界だと思いがち。でもこれ、ディズニーシーには当てはまりませんよね?よくランドは子供向け、シーは大人向けとも言われています。

シーには普通に景色としていい感じの場所、大人こそ雰囲気を楽しめる場所がたくさんあります。その辺りをアピールしてみましょう!シーならではの風景とか、夜のパーク内の雰囲気がわかりやすい動画とか、そういうのをそれとなく見せてみましょう!

ディズニー嫌いでも感動するマーメイドラグーン

マーメイドラグーン。ディズニー嫌いだった時でも感動しました。

その時の反応が芳しくないとしても、心の中では「ふーん、大人にとっても面白そうな所があるのね」と多少は意識してくれるはずです!

乗り物のクオリティの高さを伝える

富士急ハイランドだとかナガシマスパーランドだとか、有名な遊園地は数あれど、ディズニーリゾートほど乗り物のクオリティに力を入れている遊園地はありません(私感)。

インディジョーンズとか、スペースマウンテンに乗った時の衝撃なんてディズニー以外では味わえませんよね!よくある遊園地のむき出しの乗り物ではなく、内装や演出が凝りに凝った乗り物がたくさんあることをアピールしてみましょう!

スペースマウンテンのキューラインはディズニー嫌いでも圧倒されます

この時に効果抜群なのがYouTubeYouTubeでアトラクション名で検索すると、乗車中の目線で撮影した動画がたくさん出てきます(中には撮影禁止のものも…)。

見せる動画のチョイスも重要です。ハニーハントタートル・トークフィルハーマジックみたいな、キャクターものは避けましょう!前述の通り、ディズニー嫌いな人はそういうのが苦手な方がほとんどです。

彼氏が絶叫系好きなら、タワー・オブ・テラーセンター・オブ・ジ・アーススペースマウンテンあたりが効果的です。スペースマウンテンは動画でも真っ暗で何も見えないけど、凄さは伝わるはず!

逆に絶叫系苦手な気のある人に見せるのは、インディジョーンズスターツアーズぐらいにしておきましょう。ちゃんと「揺れるだけでスピードは大して出ないんだよねー」というフォローも忘れずに!

キャラ、乗り物、雰囲気以外の魅力を伝える

私がディズニー嫌いだった時に、試しに行ってみることにしたきっかけはスーベニアメダルでした。元々何かを集めるのが好きだったのもあり、パーク内のあちこちにメダルマシーンがあると聞いて、コレクター魂をくすぐられました(笑)

私と同じように物を集めるのが好きな人の場合、「乗り物とかショーはいいから散歩しながらメダル集めしようよー」という感じで誘えば、少しなびいてくるかもしれませんよ!事前にシーは「雰囲気とか景色とか見るだけでも面白い!」という事をしっかりと伝えてあれば更に効果的です!

カメラや写真が趣味の彼氏であれば、写真映えするスポットがたっくさんあるという事を教えるのもいいかもしれません。私もカメラ好きですが、何十回行っても撮り切れないぐらい撮り甲斐のある場所があります!

エレクトリックレールウェイからの景色

エレクトリックレールウェイからの景色

隠れミッキー探しも探索欲、探検欲がそそられます

こんな風に、彼氏の趣味や好みに結び付けて誘惑した方が、ただ行きたい!とだけ言うよりもずっと効果がありますよ!

食べ放題の店がある事を伝える

「パーク内の食べ物みんな高いんでしょ」と思い込んでいる人に効果的なのがこれ。特に食べる事が大好きな人には効果絶大です(私)。

ランドのクリスパレスレストラン。シーのセイリングデイブッフェがビュッフェスタイルのお店です。そこらの街にあるビュッフェスタイルの店に比べれば少しだけ高めですが、とりあえずは満腹になれるという事は約束されているので、「高いくせに腹いっぱいになれない!」という不安は解消させる事ができます。

事前に食べる店をここに決めるという前提で話を進めれば少しなびきやすくなるかも知れませんよ!

大食いでも安心!

クリスタルパレスレストラン、セイリングデイブッフェは共にプライオリティシーティング(予約)が必要なお店です。予約をしていなければ基本的に食べられません。並ぶ事も出来ません。知らずに行くとかなり悲しい事になるので、しっかりと覚えておきましょう!

予約をしておけばすぐに店に入れるので、「ご飯食べるのにも並ぶ」というイメージも取り払うことが出来ますね!

パーク内でたっくさん歩いて腹ペコの状態で並ばずにビュッフェが食べられる!大食いの男にはこの上ないアピールポイントなので、しっかりと抑えておきましょう!

ディズニー嫌いの人に言ってはいけない事

今度は逆にこんな誘い方をしたらますます言ってくれなくなってしまうNGワード。ディズニーが好きだと言ってしまいがちですが、嫌いな人にとってはますます心を閉ざしてしまう原因になりかねません。

ミッキーに会いたい!一緒に写真撮りたい!

ディズニー好きな人にとってはつまらないとは思いますが、ディズニーが嫌いな人はディズニーのキャラクターも嫌いな事が多いです。イラストならともかく、パーク内で会える着ぐるみ(小声で)のキャラクターに嫌悪感を抱く人はかなり多いと思います。「着ぐるみに夢中になって、ばかみたい…」とか「人がたくさんいる中で着ぐるみと並ぶなんてごめんだ!」という感じ。

そんな人が「キャラクターと写真撮りたいからディズニー行こう!」なんて言われたら、「ディズニー行ったらキャラクターと写真撮らされるんだ…」なんて思ってますます行く気なくなっちゃいます。

思っていても口に出さないようにしましょう!出来れば実際行くことになっても、彼氏さんの気持ちがほぐれてくるまでは我慢しておいた方がいいですよ!

パレード、ショーが見たい!

こちらも一つ目と似た様な理由です。「可愛くもなく、中に人間が入っているキャラクターのショー見て何が楽しいんだ!」という気持ちになってしまいます。

どんなに乗り気ではなくても、やっぱり彼女とショーを見るとなると「棒立ちで無表情でいるのも何だかな…。かといってキャピキャピ手を振るのも嫌だ!」という思考で「そんな思いするなら行きたくない!」と思われてしまいます!特に昼間のショーはディズニー嫌いな人にとっては何の面白みも無いものです(好きな方ごめんなさい)。

キャラクターの件と同様、見たくても最初はグッと我慢した方がいいです。

昼間のショーやパレードは諦めるにしても、夜に行われるものであればチャンスがあるかもしれません。

ファンタズミック、エレクトリカルパレード、ワンスアポンアタイムはディズニー好き嫌いに関係なく純粋に楽しめる気がします。夜のパーク内のいい雰囲気に加え、演出もダイナミックですもんね。

絶叫系の乗り物乗りたい!

これは絶叫マシーンが苦手なタイプの人限定の話ですが、私を含めそういう人は彼女に絶叫マシーンに誘われるのをものすごく嫌います(笑)

本当に申し訳ないのですが、本気で嫌なんです…。私は今でこそ大体の乗り物は乗れるようになりましたが、それでも恐さレベルが高めのものは躊躇します。そうは言っても、彼女がアトラクションの目の前で乗りたいって言ってきたら全部断るわけにもいきません。そんな考えから「だったら遊園地には近づかない!」という考えになってしまうんです。

絶叫系嫌いな人にとってはビッグサンダーマウンテンすら恐いです(乗ったら楽しい)

彼氏さんが絶叫マシーン苦手な人でしたら「絶叫系のアトラクションは絶対乗らないから行こう」という感じで誘ってみましょう。どうしても乗りたければ、YouTubeで乗車中の動画が見れる事を伝えて、どれなら乗れそうかを探ってみましょう。


どれもディズニーが好きな人にとってはいやーな事ばかりでしょうが、彼氏をディズニーに引きずり混むためには少しだけ我慢してみて下さい!行ってみて楽しいと思ってもらえれば、少しずつほぐれてくるはずです!

ディズニーが嫌いのタイプと誘い出すコツ

ディズニー(ディズニーリゾート)が嫌いな男がディズニーを嫌う理由をいくつかのタイプに分類してみました。あわせてそれぞれのタイプにどんな誘い方が効果的かも説明しておくので、ここまで紹介してきたポイントと合わせて誘ってみましょう!

堅物タイプ

大の男が子供っぽい世界ではしゃいでたまるか!という考えのカタブツタイプ。理屈っぽく、あまり感情を表に出さないタイプに多いです。

誘う時のポイント

ショーやパレード、キャラグリはきっぱりと諦めましょう!シーのシーならではの凝ったエリアの存在をアピールしつつ純粋なデートとしてディズニーに行きたいと思わせるような誘い方をしてみましょう。

斜めに構えた達観人間タイプ

何に対しても批判的で、自分が認めるほんの一部のもの以外をこき下ろす、斜めに構えたタイプの人。やった事、行った事もない物をあまり知りもしないのに批判してます。心の中では気になっていてもマイナスポイントがあればなかなか認めようとしません。

誘う時のポイント

このタイプをディズニーに誘い込むのははなかなか難しそうです。↑に書いた、メダルやレストランの話をして食いついてくるか探ってみましょう。それで駄目なら、不本意でしょうが、あえて一旦彼氏に同調してディズニー批判に乗ってみましょう。彼氏のディズニー批判に対し「確かに…」と軽くでも同調してみて、自分が「ディズニーを溺愛している訳では無いけど、純粋に雰囲気を楽しむデートとして二人で行ってみたい」という気持ちをアピールしてみましょう。

上から目線タイプ

ディズニーみたいな子供だましに踊らされるなんてみんな馬鹿だなーと思いこんでいる人。ディズニーに限らず、子供っぽい世界観自体を馬鹿にしています。ディズニー行きたい!と誘うと「ディズニーの駄目なところ」を淡々と解いてくる事が多いです

誘う時のポイント

シーが大人っぽい雰囲気であることをとことんアピールしましょう。乗り物のクオリティの高さを伝えるのも効果的です。夜のパークの雰囲気の良さを伝えるのも大切!キャラクターやパレードの話はなるべくしないように!

ディズニーは宗教だ!タイプ

高い入場料払って長時間並んで、高くてマズイメシ食って、高い土産買って!みんな洗脳されてるんだ!と思い込んでます。確かに高いものも多いですけどね(小声)

誘う時のポイント

「斜めに構えている」タイプと同様、自分がディズニーを溺愛している訳では無いことを分かってもらうのが近道です。「高いグッズ買うなんて馬鹿馬鹿しい!」と思っていそうなので、入場料とか食事代意外にお金は使わないというアピールも効果的ありそうです。

絶叫マシーンが苦手なチキンタイプ(昔の私)

「ディズニー行ったら絶対に絶叫マシーン乗る事になるやん!そんなの恐いやん!」という感じの人。それだけなら良いのですが、恐くて行きたくないのを隠すため、そもそもディズニー自体が嫌いな事にして避けているいる事も多いです。まさに昔の私です。

昔の私が一番近かったのがチキンタイプでした。ただ恐がっているだけなのに、ディズニー自体を悪とする事で、ディズニーに行かないという大義名分にしていた訳ですね…。昔の自分を殴ってやりたいです(笑)

誘う時のポイント

しつこいぐらい絶叫系には乗らない!というアピールをしましょう。前述の通り、絶叫嫌いからディズニー嫌いに発展することもあるので、キャラクターの話も控えめにしておいた方がよさそうです。


ディズニー嫌いな人は、行きたくない気持ちの根が深い事が多いので、1度や2度説得したところで「じゃあ行ってみよう」とはならないと思います。ある程度の長期戦は覚悟しておいてください。

説得する時は、慎重に、相手がどうすれば一緒に言ってくれる気になるか、しっかり考えながら誘いましょうね!適当に相手の気持ちを考えないまま誘いまくるのは完全に逆効果になってしまいますよ!

奥の手

何をしても効果が無い場合、↓の動画を見せてみましょう。

ディズニーのCMです。印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

これ、私が初めて見た時はまだディズニーが嫌いな時だったのですが、ものすごく胸を打たれました。ああ、ディズニー好きな人にとってディズニーってこんな感じなんだなーって。これを見てから心の中では何かが変わり始めたのははっきりと覚えています。こういうのに憧れている彼女の気持ち蔑ろにしたままじゃいけないっていう自覚が芽生えるんですよね。

これをうまい感じに、わざとらしくならないように見せておけば、私と同じ様に少しずつ気持ちに変化が起きてくるかもしれません。

ディズニーが嫌いでも胸を打たれるディズニーのCMは他にもあるので、それとなく見せておくと効果的かもしれませんよ!

まとめ

さて、ここまでディズニー嫌いの彼氏と一緒にディズニーに行くためのポイントを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。何か効きそうなものがあったら、しつこ過ぎず、でも簡単には諦めないようじわじわと責めていってみて下さい。

繰り返しになりますが、ディズニー嫌いの人のディズニーに対する嫌悪感は根深いです。簡単には折れません。長期戦になる事も多いと思いでしょう。

それでも諦めず、ゆっくりゆっくり彼氏の気持ちがほぐれてくるのを待ちましょう。こちらも誠意をもって伝えれば、きっと向こうも考えてくれるはずです!彼氏なんだから!

最後に

この記事を書いていると、昔ディズニー嫌いだった私は本当につまらなくて面倒な生き物だったんだな、とつくづく実感します…。元ディズニー嫌いの人間として、ディズニー嫌いの男の人と付き合っているディズニー好きの女性に謝りたい位です。

ディズニー好きの皆さんが彼氏と一緒に幸せなディズニーデートが出来るよう祈っていますね!

長々と読んで下さりありがとうございました!彼氏さんへの説得、頑張ってください!!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする