ベトナム人ってどんな人?特徴、性格、仕事ぶりをまとめてみた

ベトナム人ってどんな人?特徴、性格、仕事ぶりをまとめてみた

私は過去に物流センターで働いていました。

平たくいえば、皆さんが運送会社に頼んだ郵便物が集められる場所です。

荷物は一旦そこに集められ、郵送先ごとにザックリと仕分けた後、トラックや飛行機で郵送先のエリアの物流センターに送られます。

そこの物流センターで更に細かく仕分けたを行った後、各配送エリアの集荷センターに送られるわけです。

今回は、そんな職場で出会ったベトナム人のお話です。



ベトナム人との出会い

その職場には本当に多くの外国人が働いていました。

かなり大きな物流センターだったので、そもそもの従業員がとても多いのですが(1000人ぐらいかな?)、作業員は6割程が外国人、その8割以上がベトナム人でした。

私も入った当初はなんでこんなにベトナム人が??と思ったものです。

中国人が多いとかならなんとなく分かりますが、ベトナム人と言うと、私のこれまでの人生ではあまり意識した事が無い国でした。

ただ名前国の名前を知っていただけ。首都を聞かれたらどこだ?と一瞬悩んだ末にホーチミン!とか答える様なレベル(ベトナムの首都はハノイです)。

そんな私が急にベトナム人だらけの作業現場に放り込まれました。

最初は不安でしたが、そんな不安はあっという間に飛び去ることになります。

みんなとても明るくて優しいんです。忙しい時でも、仕事について質問すると、勉強中の日本語で頑張って教えてくれました。

すぐにたくさんのベトナム人と仲良くなりました。

ベトナム人の性格

ベトナム人は明るい人が多く、とても素直です。日本語で話しかければ笑顔で答えてくれます。

ベトナムの事や日本語の勉強について話しているうち、すぐに仲良くなって仕事後や休日に集まって飲みに行く事も様なりました。

みんな日本食にも興味津々で、おすすめした物はみんな美味しい美味しい言って食べてくれました。

お酒に強いというわけでもないですが、飲むのが好きな人が多く、ビールはもちろん日本酒も大体の人が気に入っていました。特に熱燗が大好評でした。

食べ物でウケが良かったのは焼き鳥、ラーメン、唐揚げ、つくねあたり。大体のものは舌に合うようで入ってよく食べていました。

刺身、寿司については超うまい!と言う人が殆どでしたが、やはり中には恐くて一つも食べられない、食べても美味しくないと言う人もいました。

生卵も同様で、私がつくねに卵黄を付けて食べてるのを見てこの世の終わりの様な顔をしていたのが印象的で面白かったです(笑)

余談ですが、ベトナムにはホビロン(北部ではチュンビロン)という、孵化しかけのアヒルの卵を茹でて食べると言う恐ろしい食べ物があります。私はこれも食べさせられましたがそのお話は別の機会に。

日本食は世界的に見れば味は薄めでヘルシーという印象がありますが、ベトナム人にとっては味が濃いものが多いようです。私が居酒屋メニューばかり食べさせてたのも一因かも知れません。

ベトナム料理ってどんな料理?

国民食はフォー。1度は聞いたことありますよね。

あっさり味のスープと米粉で作られた弾力が強めの透き通った麺が入ったラーメンの様な食べ物です。

ベトナムでは朝昼晩問わず食べられる様で、街の食堂は朝からフォーを食べる人達で賑わいます。

あっさり味ですが日本人の味覚にもよく合い、濃いめの味付けが好きな私でも時々食べたくなります。

「いくら美味しいとは言ってもベトナム料理屋に行くのもなー」という人にはカップ麺のフォーがおすすめ!日本のメーカーが作っているものもあるのでスーパーで探してみてください。

フォーの次に日本人にも馴染み深いのは生春巻きでしょうか?エビ、レタス、パクチー等の具材をこれまた米粉で作られた生地で巻いてあります。

これをヌクマム(ニョクマムとも)というベトナム定番の調味料をベースにした酸味の聞いたタレにつけて食べます。食材を見れば分かる通り、とてもヘルシー。

生のものだけでなく、揚げ春巻きもあります。こちらはこってりとしていてビールにとても合います。

色々食べたベトナム料理の中で私が1番好きだったのはブンボーフエという麺料理。フォーとはまた違った麺の辛めの料理です。複雑な味わいのスープがとても美味しい!こってり好きな人はフォーよりもこっちの方が好みかも?

最後にチャーラロット。これは揚げ春巻きと同じような具材をロット(?)というベトナムによくある(らしい)植物の葉っぱで巻いて、油で焼いた料理です。

ベトナムでは定番の家庭料理らしいのですが、家庭的過ぎて日本のベトナム料理屋でもほとんど見かけません。

この料理、私が人生で食べてきた食べ物の中で、ビールに合う食べ物ナンバー1です!

今でも時々無性に食べたくなりますが、ベトナム人の友人が、ベトナム在住の人からロットの葉を送ってもらわないと作れないため、滅多に食べられません!

シソか何かで再現できないか、いつか試してみたいと思ってます。

ベトナム人の働きぶり

食べ物の話ばっかりになってしまいそうなのでこの辺で話を戻します(笑)

本題に戻ってベトナム人の働きぶりについて。

ベトナム人はとても熱心に働きます。与えられた仕事は妥協せず、真面目に取り組む人が多いです。

物流センターでは重くて大きい荷物を数時間立て続けに持ち上げる事になりますが、どんなに疲れてもサボったりせず、自分がしなければならない事は真剣に取り組む人が多かったです。

男女問わず根性があり、忙しい時や重い荷物が多い時間帯でもせっせと働いていました。

根性ややる気は日本人以上にあったように思います(元々物流センターで働く日本人は、やる気がイマイチの人が多いというのもあるかもしれませんが…)

自分に与えられた仕事は、こだわりを持ってこなしますが、こだわりを持つあまり、人に「こうしなきゃ駄目だよ」とか「こうした方がいい」といった指示やアドバイスを受けても、自分のやり方に自身を持っていると、あまり言う事を守らなくなる傾向もあります。しっかりと伝えれば渋々と守ってはくれます。言ってみれば、頑固者が多かったかもしれません。それでもサボったりしない分、やる気のない日本人や、目をはなすとすぐに手を抜く他の外国人よりはずっとマシでした。

ベトナム人はノリがいい

私は物流センターで働いていた間、かなりの頻度でベトナム人と遊んでいました。

日本料理やベトナム料理を食べに行ったり、ベトナム人の部屋に遊びに行ったり、近場の観光スポットに遊びに行ったり、期間としては1年半位でしたが、本当に色々な人と色々な事をして遊びました。

ベトナム人はとてもノリがよく、遊びに行こうと誘えばすぐに人が集まるし、向こうからも頻繁に誘ってくれます。

遊んでいる最中もとても楽しそうにしてくれて、案内しているこちらまで嬉しくなってきます。

やはり日本的な雰囲気のある場所に行くのが1番楽しい様で、お台場やディズニーランドに行くよりも、浅草や各地のお祭りに行った時の方がウケが良かったです。

桜や紅葉もみんなとても感動していました。

そうして和を楽しんでいる外国人を見ているうち、それまで日本的なものにあまり関心のなかった私も、日本的なものの面白さに気付かされました。

彼らのおかけで私自身も感受性が豊かになった気がします。

日本的な物や、公園で遊ぶのが好きになった一番の要因はベトナム人をはじめとする外国人と関わっていたからだろうと思います。

今では仕事も変わってあまり遊ばなくなってしまいましたが、今の私があるのも彼らのおかげ。

いつかまた大人数で遊びに行きたいなー。

もし身近にベトナム人がいたら、積極的に関わってみてはいかがでしょうか。

色々と勉強になるし、自分だけでは気づけない身近なものの楽しさ、面白さに気づけるかもしれませんよ!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする